ダイビングライセンスを沖縄で最短で取得

ダイビングを楽しみたいと考えるのであれば、取得しておいて損がないのがダイビングライセンスです。
ライセンスがなければダイビングが出来ないかといえばそうではなく、事前に講習や実習を受けてインストラクターと一緒に潜る体験ダイビングであれば、ライセンスがなくてもダイビングを楽しむ事が出来ます。
ただ、体験ダイビングを利用する為には、毎回講習や実習を受ける手間がかかります。
ライセンスがあれば、毎回講習や実習を受ける手間が省けるだけでなく、潜れる範囲も広くなります。
そんなダイビングライセンスには2種類あり、インストラクターがついていれば世界中の海に潜る事が出来るリゾートダイバーと、同等のライセンスがある人が2人いればインストラクターなしで世界中の海に潜れるオープンウォーターダイバーがあります。
リゾートダイバーは9mまで、オープンウォーターダイバーは18mまでと、潜れる深さにも差が出ます。
ライセンスの取得は難しいというイメージを持つ人もいますが、沖縄ではリゾートダイバーであれば最短1日、オープンウォーターダイバーでも最短2日で取得可能となっています。
ただ、これは問題なく講習や実習が進んだ場合で、海に潜る事が慣れていない人がオープン・ウォーター・ダイバーのライセンスを取得を目指す場合、2日続けて実習というのは体への負担が大きく、2日では講習や実習が終了しないという人も多くいます。
これまでに体験ダイビングを何度も繰り返している等、ダイビングや体力に自信がある人であれば、2日間でライセンス取得というのも可能でしょう。
ですが、慣れていない人の場合、3泊4日でライセンス取得を目指すツアーを利用する等、ゆとりを持った状態で講習や実習を進めていく事がおすすめです。
2日で取得可能と考え、滞在時間をとても短くすれば、ライセンスが取れないまま帰る事になってしまいます。
それよりも、無理のない日程でしっかりとライセンスを取得して帰る方が有意義といえます。
勿論、仕事等の関係で、沖縄に行ける日が限られており、日数も長く取れないという人も多いでしょう。
その場合は2日間での取得を目指すという事も有効です。

沖縄ダイビングライセンス 最短

ただ、少しゆっくりと滞在できるようであれば、日程にゆとりがあり、無理なく取得可能を目指せるツアーを活用しておく事がおすすめです。
ダイビングライセンスは最短で1日、もしくは2日で取得可能ですが、ダイビングに慣れていない人や体力に自信がない人は、余裕を持って考えておく事が大切です。