沖縄ではダイビングライセンスが最短で取れる

水中を楽しみたいという時にオススメのライセンスがダイビングライセンスです。
海の中は陸上とは異なるため環境に対する知識と、安全に潜るための技術が必要となります。その知識と技術を身につけたという証明としてダイビング用のライセンスであるCカードが発行されます。
ライセンスを取得するための学習の流れとしては、学科学習によって陸上との違いや器材の使い方、水中生物との接し方やルールなどを学んでいきます。
限定水域講習では、プールまたは海の浅瀬でダイビングの基礎を練習していきます。陸上での器材の装着の仕方や使い方を学び、深いプールや波が静かな海で基本スキルを取得していきます。その後水深3?5m程度の深さに潜って耳抜きや中性浮力などの基礎技術を身につけます。
海洋実習では学んできたことを発揮していきます。基礎スキルの復習と応用をメインに行っていきますが、二日酔いや風邪気味などで耳抜きが出来ないと海洋実習は受けられないとされています。
海洋実習まできちんと行うことによってテンポラリーカードという仮カードが発行されます。実際のCカードは受け取りまで2?3週間程度かかります。
一般的にダイビングライセンスを取得するまでの期間としては、学科講習に1日、プール実習に1日、海洋実習に2日という流れになっており取得には4日程度が必要です。
そんなライセンスを取得する場合には、沖縄での取得がオススメです。
沖縄のダイビングショップでは、事前学習を行うことによって取得までの期間を最短にすることができるようになっています。
ライセンスの取得ツアーに申し込み後、事前学習のための教材が発送されます。沖縄に行く前に自分のペースで空いた時間にじっくり学習することができ、実際にスクールに行った時にわからなかった部分などを復習します。
事前学習の復習を行い、実際に器材を見ながら説明をしたり、海での注意点などが説明されます。
学習が身についていると判断されれば、限定水域講習を行い、しっかり基礎が身についてから海洋実習でダイビングを開始していきます。
このようなスクールの場合、完全に少人数制でインストラクターがすぐそばについて練習するため安心です。
しっかりダイビングを行えるとインストラクターが判断されれば、ライセンスを申請します。

沖縄ダイビングライセンス 一人旅 女性

講習の進み具合にもよりますが、最短では2泊3日の旅行日程でライセンスを取得できると考えられます。
スムーズに講習を終わらせるためにも、事前学習をしっかり行うことが大切です。