ダイビングライセンス取得に掛かる最短期間と沖縄リゾートの活用

スキューバダイビングを楽しむ為にはまず、ライセンスを取得する必要があります。必要なダイビングライセンスは水深に制限のある入門レベルのもので充分なのですが、必須である為にダイビングの予定が既に立っているような状況で未取得といった場合には、逆算した日程で取得して置かなければなりません。
そこで取得に必要な時間を知って置きたいところですが、取得の為には講習と実習の受講が不可欠となっており、その詳細は学科講習をまず1日間、次にプール実習を1日間、そして体験ダイビングを兼ねた海洋実習を2日間行うという流れになります。従ってダイビングライセンス取得に必要な最短の期間は、4日間という事になります。
そして同時に最短での取得を狙うには、自身と講習の提供者双方に纏まった時間の確保が不可欠である事が解ります。そこお薦めなのが、リゾート地に出向いて泊り掛けでライセンスを取得する方法です。日常とは違う場所で集中してライセンス取得に向き合える上に、海洋実習が実際のダイビングスポットに近い環境下で行われる事となるので、体験・経験の綿で濃密なものを得られるからです。
そして国内で特にこうした目的での宿泊プランを多く受け入れているのが、沖縄です。もともと国内ダイビングスポットのメッカであり、離島の環境・観光が発達した環境で宿泊施設の数は整っており、ライセンス取得を検討する側としても利用し易い場所と言えます。
最短でのライセンス習得を狙うのであれば、ここで3泊4日のプランを利用する事となります。費用の詳細等は主催者によって異なりますが、移動費・機材のレンタル費用等を予め全てパッケージした明瞭会計で行われるプランも多く、開催実績の多さに鑑みても信頼のおけるライセンス取得の方法になると言えます。
唯一の弱点としてはある程度の時間と費用を纏めて使う為に、沖縄へ出向く事・ライセンスを取得する事自体が目的化しがちという点です。その為に日常生活に戻るとダイビングスポットが近くに無いといった理由から、肝心のダイビングに出向く事無くライセンスがペーパー化するといった事が有り得ます。そうした方の為の再講習プランも用意されていますが、二度手間となってしまいます。

沖縄ダイビングライセンスの口コミ・お客様の声

こうしたリスクを考えても、最短でのライセンス習得は有利と言えます。期間が短ければ取得のタイミングが読めるので、ダイビングの予定を入れ易いからです。そして予定を入れてしまう事が、ペーパー化を避ける最良の策となります。実際のダイビングにまでスムースに至る為にも、沖縄での最短のダイビングライセンス取得は方法の1つとして検討したいものです。