沖縄でダイビングライセンスを最短で取得するにはどうすればいいのか

沖縄の海はサンゴ礁など様々なきれいな物がありますが、そのような海に潜ってダイビングを楽しむにはライセンスが必要だったりします。すぐにでもダイビングを楽しみたい場合には、ダイビングライセンスを最短で取得して、すぐにでも始めたいものですが、注意しなければいけないこともあります。それは、ライセンスにも種類がたくさんあるということになります。
ダイビングを楽しむためには、まずダイビングをするための資格を取る必要があります。そのダイビングライセンスが、オープンウォーターダイバーの資格になります。これは体験ダイビングの際には必要ありませんが、自立してダイビングをする際には必ず必要になる資格になります。このオープンウォーターダイバーの資格は、最短で2日で取ることができます。取得する際には、まずショップに連絡をして、講習日の日程を決めます。その後、ショップから教材を受け取り、自習をして基礎知識を覚えていきます。そして講習日に、わからなかった箇所などをインストラクターに教えてもらい、テストを行うことになります。その際、間違えたところがあれば、間違えた部分を教えてもらうことになります。テストが終われば、プールで基本的なダイビングの実習を行い、問題なくできるようになれば海で実習をすることになります。海での海洋実習では合計4本潜ることになり、とてもハードな内容になります。最短の2日で取得する場合には、初日にテストから海洋実習の半分まで行い、2日目に残りの海洋実習をおこないことになります。時間的にもタイトなスケジュールになるので、自信のない人はもう少し余裕のあるスケジュールを組むようにしましょう。
沖縄でダイビングライセンスを取る場合には、現地に行くまでの時間も考えなければいけないので、講習が最短2日で終わっても全体の日数はもう少しかかることになります。また、オープンウォーターダイバーの資格は、2人以上のダイバーと一緒に18mまでダイビングをすることができるものでありますが、自分の経験の範囲内で潜るというルールがあります。そのため、この資格だけでは潜ることができない場所や受講きないコースもあるので、ステップアップする必要があります。一つ上の資格にアドバンスドオープンウォーターダイバーの資格があり、18mよりも深いダイビングを経験して危険性などを教わることになります。有名なダイビングポイントなどでは、この資格が必要になることも多く、楽しく安全に続けて行く上で必要不可欠な視覚になります。

沖縄 ダイビングブログ