沖縄でダイビングライセンスを取得する最短の期間は何日か

沖縄のダイビングスクールでは世界中の海に潜ることができるダイビングライセンスを取得することができます。通常のダイビングライセンスを取得するまでの流れですが、ライセンスにはいくつかの種類があります。
まずリゾート地の海などのダイビングを楽しむことができるリゾートダイバーは約9メートルまで潜ることができるライセンスです。ちょっと南国の海に行ってたのダイビングを楽しみたいというのであれば、このライセンスだけでも十分にダイビングを楽しむことができるでしょう。ただし条件としてインストラクターの動向が必要などの制約もあるので注意が必要です。
このリゾートダイバーのライセンスであれば、学科の講習とテスト、そして海洋実習と認定試験というステップで最短で一日でとれるといったプランも存在します。
またインストラクターがいなくても潜ることができるようになりたいのであれば、オープンウォーターダイバーの資格が必要です。この資格を持っていると同じライセンスを持っている人とバディになってインストラクターがいなくても18メートルまで潜ることができるようになります。ダイビングライセンスの基本的なものといっても良くて、ダイビングを楽しみたい人ならばまずはこのライセンスを取得することを目標にするとよいでしょう。
オープンウォーターダイバーのライセンスを得るためには学科の試験勉強と学科試験に合格する必要があります。またリゾートダイバーよりも長い地下院の海洋実習が必要になります。海洋実習を受けて認定試験に合格することができれば、ライセンスを取得することができます。
ライセンスを取得するまでの最短の期間は約二日程になりますが、しっかりと経験を積むためには安全のためにも余裕を持って受講した方がいいでしょう。
ダイビングライセンスにはさらに深く潜ることができるライセンスなどもあり、さらに取得までの期間は長くなりますが、まずはインストラクターがいなくても潜ることができるようになるオープンウォーターダイバーのライセンスを取得するとよいのではないでしょうか。
沖縄ではライセンスを取得するためのスクールがたくさんあります。宿泊施設が併設されているところも多く、海洋実習で沖縄のきれいな海を満喫できるプランのあるところもあります。
沖縄のきれいな海を満喫し、ダイビングを楽しみながらダイビングライセンスの取得を目指してみるとよいのではないでしょうか。