沖縄でダイビングライセンスを最短で取得できる方法とは?

沖縄でダイビングライセンスを最短でできる方法は色々とあります。初めにダイビングライセンスには、Cカードと呼ばれる技能認定証がありますが、Cカードを所持していない方は体験ダイビング以外ではスキューバーダイビングをする事はできません。更にCカードには、いくつか種類がありダイバーの経験地や技術によってランクが定められ、ランクによって潜れる深さや場所が制限されます。そのうちの最初に取得可能なCカードをスクーバーダイバーと呼んでいます。
私が沖縄で取得した時は、ダイブ経験がありませんでしたが、Cカード取得目的であったため初めからダイブする事ができました。このCカードのスクーバーダイバーなら最短で、事前学習と直接インストラクターが指導する実習1日で取得する事が可能です。更に1日を使用しオープンウォーターへのステップアップも可能です。また、事前学習とは教材にて予め自宅で色々な知識を勉強しますが、概ね2週間もあれば勉強をする事が可能です。
ちなみにスクーバーダイバーが水深12mまで、オープンウォーターダイバーが水深18mまで、アドヴァンスド・オープンウォーターダイバーが水深30mまでとなっています。技術や経験地を積んだら1つ上の資格へステップアップするのも良いです。より水深が深くなるにつれ多くの種類の魚など水中世界を満喫する事ができます。
沖縄でダイビングライセンスを取得するメリットは、他の海と違ってダイブすると絶景の世界を味わう事ができます。殆どのショップで一人から申し込む事ができて、親切丁寧に指導してもらえます。ダイブするポイントも沖縄の場合は、話題の青の洞窟で行う事ができます。沖縄ダイブの人気スポットナンバーワンで、幻想的な世界を楽しむ事ができます。先に述べた様にオープンウォーターダイバーの資格でも最短2日間と事前学習、若しくは3日間のじっくりコースなどもあります。料金もスクーバーダイバーなら2万円を切る料金で資格を取得できるショップも多くあります。最終的にはダイブの経験を積んでいきプロフェッショナルの道のファーストステップとして、ダイブマスタープロの資格を取得する事ができます。こちらも最短で6日間で取得する事が可能です。現在は、多くのショップで空港までの送迎やダイブ講習中の水中撮影を無料サービスで提供している所も多くあります。私の場合は旅行を兼ねてダイブライセンスを取得しましたが、飛行機代もパックになっているサービスも多くあるので、是非利用すると良いです。

ダイビングライセンス沖縄はこちら